プロフィール

Author:しゅんせい
干支は丑年星座は山羊座血液型はA型と、「真面目でおとなしい」イメージを連想させるけど、実際はどうなんでしょうね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のトレード091106

今週のトレード結果です。

通算損益 -45,380 円
総トレード回数 41 回
勝ちトレード数 23 回
負けトレード数 18 回
勝率 56.1%
平均利益 943 円
平均損失 -3,727 円
ペイオフレシオ 0.25

詳細は==>20091106.xml


・・・最低。
10月に微々たる勝ち越しをしたことで調子に乗った。

何をやらかしたかというと、

①売りで入ったが相場観を誤り逆行
 ↓
②間違いを認めずナンピン売り
 ↓
③更に逆行(この時点で既に想定の損失を超えている)
 ↓
④いづれは順行すると高をくくりリミットだけ設定して放置
 ↓
⑤更に逆行(ナンピンしているので3倍増の損失)
 ↓
⑥さすがに強制退場が怖くなり両建て(この時点で100pipsほどの含み損)
 ↓
⑦朝が来た。PCを閉じる
 ↓
⑧その後順行、リミットに掛かり売りポジは決済。
 ↓
⑨更に爆下げ、両建てで残った買いポジが強烈に含み損を抱える
 ↓
(半日経過、相場はベアからブルに)
 ↓
⑩PCを開いた。この時点で400pipsほどの含み損
 ↓
⑪強制退場が怖くなり両建てで売りを入れる
 ↓
⑫その後も相場は上昇、
両建てで入れた売りポジの含み損が拡大、買いポジの含み損は縮小
 ↓
⑬逡巡した挙句両方とも損失確定(泣)
 ↓
⑭その後も相場は上昇、買いポジの建値まで戻る

書いているだけで情けない。

でもこれを分析して教訓にしないと前に進めないので、

あえて分析(というか突っ込みをいれ)ます。

①売りで入ったが相場観を誤り逆行
→これは良くあることです。(エントリーが早すぎたとか)

②間違いを認めずナンピン売り
→これも良くある、というか、
相場観があっているけれどもエントリーが早すぎたときには
有効なのでよくやります。
ただし、
同時にストップを入れないと。

リスク管理されていないナンピンは罪です。


④いづれは順行すると高をくくりリミットだけ設定して放置
→これが間違い。
一つ一つのトレードでの勝ちにこだわったのが原因。
というか、
含み損が許容範囲を超えてしまったので
お祈りが始まってしまった、という感じ。

⑥さすがに強制退場が怖くなり両建て(この時点で100pipsほどの含み損)
→これも間違い。
両建てをすることで一旦は損失を限定できたようにも思えますが、
「両建てをはずすタイミングを計る」作業が
追加されることになります。
また、自分のように小額・ハイレバでトレードする者にとって、
枚数が増えるというのはそれだけで選択肢を狭めるものです。

⑦朝が来た。PCを閉じる
⑧その後順行、リミットに掛かり売りポジは決済。
→これも間違い。
リスク限定のために両建て放置するならリミットは外せよ、と
突っ込みたくなります。
「放置している間に売り買い両方のリミットに
 掛かってくれたらラッキー」
この考え、かなり自分に甘いです。

⑩PCを開いた。この時点で400pipsほどの含み損
⑪強制退場が怖くなり両建てで売りを入れる
→ほらね。
もうこの辺になると強制退場がちらついてきて、
まともな思考ができません。

というか、完全に運任せになってしまいます。
それを回避する意味で売りポジで両建てしたつもりですが、
結局この売りポジが含み損の解消を妨げることになろうとは・・・

⑬逡巡した挙句両方とも損失確定(泣)
まあ、遅すぎたというか、胆力がなかったというか・・・


・・・

ルールを守ることの重要性を痛感した週でした。

来週は金曜まで出張のため、トレードは基本的にお休みです。

・・・この損失、挽回するのはいつになるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< 学級閉鎖 | ホーム | 35歳からのリアル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。