プロフィール

しゅんせい

Author:しゅんせい
干支は丑年星座は山羊座血液型はA型と、「真面目でおとなしい」イメージを連想させるけど、実際はどうなんでしょうね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーケットの魔術師

『マーケットの魔術師』(ジャック・D. シュワッガー)、読了です。


マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
(2001/08/01)
ジャック・D. シュワッガー横山 直樹

商品詳細を見る


最初本を開いたときは正直、「上下2段組みかよ・・・」(ボリューム多すぎ)と思ったのですが、読み終えた今となっては「かなりお得だった」と考えるようになりました。

この本はトップトレーダーに対するインタビュー本ですが、著者がトレーダーとして壁に当たっている時期にこのプロジェクトを始めたという経緯から判るように、壁に当たっているトレーダーには必読の書といえるでしょう。

プレイスタイルの異なる様々なトレーダーが登場して、中には珠玉とも言える名言を残すトレーダーもいます。
誰が言った言葉かは忘れましたが、損切りの重要性について問うた質問に対してトレーダーが「含み損などというものは無い」などと言い放っている場面がありました。
これは何を言っているかというと、「自分で損切りして手仕舞わなくても、損失は損失。「含み」という概念は無い」ということです。

そりゃそうだ。現在のようにネット環境下でトレードしている我々にとって、損切りで手仕舞おうが放置しておこうが、口座残高はタイムリーに減少して行っているのです。だったら、ある段階で手仕舞いしたほうがリスク管理の点からは合理的です。

・・・うまく説明できませんが、このように、自分がいろいろと考えさせられるセンテンスがちりばめられた、トレーダーにとっての珠玉の書です。(トレーダー以外の人にとっては「なんのこっちゃ」でしょうが)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< 先輩たちとの飲み会 | ホーム | 今月のトレード0901 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。