プロフィール

Author:しゅんせい
干支は丑年星座は山羊座血液型はA型と、「真面目でおとなしい」イメージを連想させるけど、実際はどうなんでしょうね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?

『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(松田 哲)、読了しました。

FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?  利回り100%の外貨投資戦略FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? 利回り100%の外貨投資戦略
(2007/02/22)
松田 哲

商品詳細を見る


この人の著書はFXの教科書に引き続き2冊目の読破です。この本は松田氏のキャリアをベースにした、FX取引の際の心得がこれでもかというほど詰め込まれています。平易な文章のためか、熟読しても正味2時間程度で読了できましたが、読書時間の割にはガツンと来るフレーズが多かった気がします。 内容について・・・

一番キたフレーズは、

「損切りの水準を、資金繰りの都合で決めるのは間違い」

というものです。
私のトレードスタイルは、「1回の勝負でいくらまでなら負けられるか」をベースにエントリーしているので、エントリーと同時にロスカットラインを許容損失額から逆算したところに設定します。
ところが、このロスカットラインがチャート的にあまり意味の無いところにおかれると、ほぼ確実にロスカットに引っかかって負ける、というパターンが多かったので、このフレーズは腹に落ちて理解できました。
逆に言えば、
「チャート的に意味のあるところにおいたロスカットラインでも許容範囲内に収まるときしかエントリーしてはいけない」と理解できます。

要するに、
「射程圏内に来るまでは手を出すな」ということでしょう。
頭ではわかっていても、今まで実践が追いついていなかっただけに、かなり得るところがありました。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< IDEA HACKS! | ホーム | 久しぶりの >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。