プロフィール

しゅんせい

Author:しゅんせい
干支は丑年星座は山羊座血液型はA型と、「真面目でおとなしい」イメージを連想させるけど、実際はどうなんでしょうね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチング・マネジメント

『コーチング・マネジメント』(伊藤 守)、読了です。

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくるコーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる
(2002/07/24)
伊藤 守

商品詳細を見る


この本を手に取ったきっかけですが、
会社でマネージャー以上の職階の職員を対象に
「コーチング研修」なるものがありまして、
その講師の方が推薦していた本です。

コーチングなんて、コミュニケーションに難のある自分には
正直あまり向いている分野ではないかな・・・と思い、
せめてものたしなみ、として買ったわけであります。

内容は、まあ、研修の内容のフォローアップというか、
理論的にはそうだろうね、という内容でした。

半分くらいは既知の内容だったのですが、それでも
初めて知る理論とかあって、へエーと思わせられるところもちらほら。

また、各章の最後にチェックポイントがまとまっているので、
それを抜書きしてA4用紙1枚くらいに納めると塩梅が良いかなと思います。

結構使い勝手の良い本でした。
スポンサーサイト

今月のトレード結果201001

思えば、FXを始めたのが2008年の秋で、
ほぼ今の形でトレード日誌をつけるようになったのが去年の1月からなんですね。

1年経って何が変わったか・・・






1年前のトレード記録を見返してみました。

2009年1月の成績






マイナス39,730円

思わず吹いた。
たしか、この月の成績で凹んで、しばらく実戦を封印していたと思います。


1年前はどうやら50pipsを損切り・利確の目安にしていたらしい。

1分足メインでトレードしている今では「ありえねー」という感じなのですが、

そのころは本気で50pipsの含み損でロスカットしてた。

そのころと比べると、損切りは確かに早くなった・・・かな。
利確も早くなったけど。


そのころのことはとりあえず置いといて、今月のトレードの反省。

まずは実績から。
通算損益 -4,064 円
総トレード回数 43 回
負けトレード数 23 回
勝率 46.5%
平均利益 1,049 円
平均損失 -1,087 円
ペイオフレシオ 0.97


上位10トレードはこちら。
約定日時 実損益
2010/01/26 12:34 5,002
2010/01/14 00:26 3,750
2010/01/16 05:05 1,560
2010/01/13 05:18 1,530
2010/01/19 00:11 1,050
2010/01/29 03:52 960
2010/01/08 02:07 960
2010/01/08 02:40 900
2010/01/18 23:39 890
2010/01/08 00:19 890
total 17,492

下位10トレードはこちら。
約定日時 実損益
2010/01/14 02:02 -3,490
2010/01/14 02:02 -2,490
2010/01/26 12:34 -2,478
2010/01/14 02:02 -1,910
2010/01/08 02:06 -1,640
2010/01/26 02:12 -1,460
2010/01/08 00:42 -1,370
2010/01/08 00:45 -1,050
2010/01/13 23:36 -1,010
2010/01/13 05:17 -1,000
total -17,898

俯瞰してみるに、1月14日のバタバタぶりと1月26日のバタバタぶりが
この結果を形作っているようです。

では日誌を見返してみます。




・・・日誌つけてない。

このことからも、完全に正気を失っていたことが解ります。

ちなみに、この2日間を除外した月次成績は-690円、ほぼトントンでした。
(プラスで終わってないという突っ込みは置いといて)

それと気がついたこと。
大きな損失はほぼ午前2時台にあるということ。

これは初めて気がつきました。

トレードスタイルを考えるヒントになりそうです。

今週のトレード100129

今週のトレード結果です。

通算損益 2,996 円
総トレード回数 10 回
勝ちトレード数 6 回
負けトレード数 4 回
勝率 60.0%
平均利益 1,243 円
平均損失 -1,103 円
ペイオフレシオ 1.13

詳細は==>20100129.xml

・・・何とか生き残っています。

というのも、ストップ設定せず放置して持ち越しした日があったから。

絶対にやってはいけないと決めているのですが・・・

自分の予想に反して急に逆行したときに損切りできず、
ナンピンを重ねた結果、
「破綻か利益確定か」の気持ちになり放置してしまいました。。

結果、利益確定になりましたが、かなり危ない。

以後慎みます。

結局、トレードしたのはその日を含めて3日間だけかな。
あまり入り込むのも良くないかと思っています。

まずはバックテストツールを使いこなすようにならなければ。。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ムーミンづくし

久々にトレードと読書以外のエントリです。

今日はほんの思い付きから「い鉄」に家族で行くことに。

「い鉄」・・・「いすみ鉄道」のことです。

いすみ鉄道

このい鉄、経営再建のために社長を公募したりしてたんですが、

新社長のお知り合いがムーミンの版権を持っているとかいないとか、

詳しい話は忘れましたが、

「経営再建の切り札にムーミン!!」という状態でして、

ムーミンがらみの様々な趣向を凝らしております。

元々息子がなぜかムーミン好きだったこともあり、
ほんの思いつきで行ってきました。

ほんの思いつきだったこともアリ、特段撮影器具は持参しなかったのですが、

今思えば、持ってくればよかった!

写真とかもないのでうまく説明できませんが、一言で言うならば

ムーミン好きにはイイかもしれない

です。

ただ、1時間に1本しか電車が走っていないため、

電車の発車時間に合わせたカッチリとしたスケジュールを組むというよりは

乗り遅れたら乗り遅れたでのんびり時間をつぶそうか、くらいの心構えのほうが

地元のムーミン応援団の方々との交流も出来ますし楽しめるかと思います。

ともあれ、久々に贅沢な時間のすごし方をした一日でした。

Forex Tester

以前のエントリーでバックテスト用ツールを購入するといってましたが、

実際に買ってしまいました。。

Forex Tester

操作は全部英語。

まずは操作方法を覚えなくては。

これからしばらくはFXトレードの勉強は

このツールをメインに、実弾トレードは
よほどいけそうなときにかぎろうかな・・・

などと考えています。

今週のトレード100122

今週のトレード結果です。

通算損益 1,400 円
総トレード回数 3 回
勝ちトレード数 2 回
負けトレード数 1 回
勝率 66.7%
平均利益 970 円
平均損失 -540 円
ペイオフレシオ 1.80

20100122.xml

今週はトレードする時間帯に起きていなかったこともアリ、
トレードしたのは1日のみとなっています。

トレード回数を減らしたほうが結果が良い、ということでしょうか。

今後もトレードチャンスを絞ってやっていきたいとおもいます。

確率論的思考 金融市場のプロが教える 最後に勝つための哲学確率論的思考 金融市場のプロが教える 最後に勝つための哲学
(2009/09/18)
田渕 直也

商品詳細を見る


この本は、参考にしてる投資家のブログで紹介されていたので購入したものです。

開いてみると比較的細かい文字がみっしり入っているため、
読み始めるのをためらいます(笑)

でも、一度読み始めてみると結構読みやすく、賞味4時間程度で
熟読して読みきれました。

書いてあるのは一般的な「確率論的思考」なのですが、
トレードで負け続けている自分にとっては、
傷口に塩を塗られるような、
良薬口に苦しとでもいうような、
そんな本です。

著者の田渕氏は経歴を見ると金融のプロ中のプロ。
それだけに、市場に関する不確実性の章は見ごたえがありました。
価格の形成は偶然の産物に過ぎないと言い切る潔さ。

救いなのは、市場価格は人間の心理が影響するので、
認知バイアスが歪みを作り出すため、プロスペクト理論を克服すれば
勝ち続けることは不可能ではないことでしょうか。

「確率論的思考」、常に頭の片隅においてトレードしたいと思います。

FXこれだけはやってはいけない60

読書感想文、5発目はこちら。

FXこれだけはやってはいけない60―勝率80%超の主婦が教える“大損回避の鉄則”FXこれだけはやってはいけない60―勝率80%超の主婦が教える“大損回避の鉄則”
(2009/12/22)
山本 有花

商品詳細を見る


これは、年明けに内容をチラ見して、知らないことが書いてあったので衝動買いした1冊です。

正直、これはFXを知らない入門者向けの本ですが、
その割には初心者向けでない知識も若干含まれています。
(ほんとかどうかは別として)


その情報を取得するコストと思えばまあ良いかなと。
(検証は自己責任でやるとして)

ただ、著者の人の採っている手法は正直採用できません。

指標発表のエネルギーを利用して利ざやを稼ぐことを推奨しているんですもの・・・

自分には無理ぽいです。

また、著者の方が「こうしなきゃいけない」と書いている事項の中にも、
(・・・そりゃ場合によりけりでしょ・・・)と思わせる内容が結構ありました。

まあ、もともと情報の収集のために買った本なので、
著者の主張に共感できるかどうかは置いといて、
たまにはこういう変化球的な本もいいかなという感じで1時間弱で読み終えましたとさ

超カンタン アメリカ最強のFX理論

読書感想文、4発目はこちら。


超カンタン アメリカ最強のFX理論超カンタン アメリカ最強のFX理論
(2009/12/19)
ロブ・ブッカー&ブラッドリー・フリード

商品詳細を見る


ホントは1発目に書いたエントリーなのですが、消えてしまった(泣)ため、
書き直しています・・・・

この本は、扶桑社(笑)の出版です。
扶桑社のマネー本について完全にバイアスが掛かっていますね・・・

「ふざけた表紙だ」と手に取ってチラ見したところ、
かなり濃厚なテクニカル論が書いてあったので即衝動買いしてしまったのを覚えています。
(もう去年の話ですが。)

「超カンタン」と謳っている割には、入門書にありがちなイロハのイ的な記載は
一切なく、心構えを説いた後はいきなりテクニカルの説明です。

そのテクニカルも、「超カンタン」なのは基本的なセットアップくらいで、
応用編はさらに複雑に、相場環境に応じて使い分けるセットアップをいくつか紹介しています。

そして何より感銘を受けたのは、
バックテストの記載が非常に充実していたこと。

そこで紹介しているバックテスト用ツールは、著者であるロブ・ブッカー氏の会社を通すと
割引で購入できるので、その営業なのかな・・・と思ってますが、その点を割り引いても
紹介されてるバックテスト用ツールは購入しても良いかなと思っています。

「バックテスト1000回、デモ2倍」

これが、相場で実弾を撃つ前の準備だそうです。
これだけやればそりゃ手法も固まりますわね。

いろいろと書きましたが、コストパフォーマンスは相当良い、といっておきましょう。

今週のトレード100115

今週のトレード結果です。

通算損益 -6,410 円
総トレード回数 22 回
勝ちトレード数 9 回
負けトレード数 13 回
勝率 40.9%
平均利益 981 円
平均損失 -1,172 円
ペイオフレシオ 0.84

詳細は==>20100115.xml

今週も残念ながら損失で終わってしまいました・・・

原因はハッキリしています。

思い通りに勝てた勝ちトレードの後で、
何となく持ったポジションが含み損を抱え、
その日の勝ちが損失で終わるのはいやなのでナンピンし、ナンピンし、
証拠金的にヤバくなって泣く泣く損切り。

いつも決まったパターン(何となく入って失敗する)。

タラレバは禁物ですが、この何となく+ナンピンでの損失がなければ
今週はプラスで終わることが出来たのです・・・

超反省です。

証拠金が減ってはトレードできない。

欲をかいて何となく損失を被るよりも、

考え抜いて少しの利益で満足しよう。

続きを読む »

「集中ゾーン」スイッチの入れ方

年末年始の読書感想、その4です。

「集中ゾーン」スイッチの入れ方 潜在能力が120%発揮される「極限の境地」「集中ゾーン」スイッチの入れ方 潜在能力が120%発揮される「極限の境地」
(2008/10/24)
岡本 正善

商品詳細を見る


この本は、以前アマゾンで購入した中の1冊で、
冬休みが明けてから読み始めました。

この人の著作はたぶん初めてだと思います。

内容は潜在能力の活用方法について説明したもので、
西田文郎さんの主張に近い気がしました。

帯を見ると
・作業があっという間に終わる
・ミスがなくなる
・注文をもらえる客がわかる
・確実にヒットする商品を開発できる
・好きな人から先にアプローチされる

などの効能が書いてありますが、この胡散臭さに騙されてはいけません。

具体的、実践的なので、この本に書いてあることを実行に移せば
効能書きにあるようなことも出来るのではないか、という感じがします。

まあ、「実行に移す」という点がキーなのですが・・・・


何回も読んで理解するべき、そんな本です。

斎藤一人 500年たってもいい話

年末年始に読んだ本の感想、その3です。

斎藤一人 500年たってもいい話斎藤一人 500年たってもいい話
(2009/08/27)
斎藤 一人

商品詳細を見る


タイトルのとおり、斎藤一人さんの本です。

この人の本は以前も読んだ事がありますが、
しゃべり口調で書かれているので非常に読みやすい。

でもって、結構はっとくるフレーズがところどころにあるので、
成功法則の再確認のために読んでいるというイメージです。

(理論はサイコ・サイバネティクスを大枚はたいて学んだし)

未だ付録のCDは聴いていないのですが、
今度通勤途中にでも聴いてみようかと思っています。

ちなみに・・・この本、アマゾンで購入したのですが、
購入する際に数量を間違えたらしく、2冊送られてきました。。。
そんなに高価なものでもないので返品はせず。
誰かへの贈呈用にとっておいてあります。

本田流 しりあがり的 額に汗する幸福論

年末年始に読書した本の感想、その2です。

本田流 しりあがり的 額に汗する幸福論本田流 しりあがり的 額に汗する幸福論
(2009/12/15)
本田 直之しりあがり 寿

商品詳細を見る



本田直行さんの著作は「レバレッジ」シリーズでお気に入りになって以来、
ちょくちょく購入しているのですが、さすがにネタ切れですかね・・・
(まあ、普遍的な法則を説く本に新ネタを期待するのもどうかと思いますが)

基本的に書いていることは「レバレッジ」シリーズと同じです。

違うのは、「レバレッジ」シリーズが体系だった文章での記載であるのに対して
この本は文章は控えめに、4コマ漫画で印象付け、散文的にキーワードを散りばめています。

ですので、文章量は非常に少なく、熟読しても1時間半もあれば読み終わってしまうでしょう。

ほんの休憩、でパラパラとめくって、本田氏の主張の再確認をするには良いかもしれません。

今週のトレード10008

今週のトレード結果です。

通算損益 -2,050 円
総トレード回数 8 回
勝ちトレード数 3 回
負けトレード数 5 回
勝率 37.5%
平均利益 917 円
平均損失 -960 円
ペイオフレシオ 0.95

詳細は==>20100108.xml

年明け一発目の更新です。

・・・相変わらずですね。

余計なトレードが多いのは気をつけなければ。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。