プロフィール

しゅんせい

Author:しゅんせい
干支は丑年星座は山羊座血液型はA型と、「真面目でおとなしい」イメージを連想させるけど、実際はどうなんでしょうね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリー

実家で飼っていた愛犬が、昨日逝ってしまいました。

1ヶ月前から「癌で余命1ヶ月」と宣告されており、覚悟はできていたものの、朝、突然の電話を親父から受けた後は涙が出てしまいました。

愛犬との思い出を整理しておこうと思います。

彼は私が大学のスキー合宿から帰ってくると、家に「いました」。私には相談なしで他の家族が買ってきたのです。その当時、前に飼っていた犬が死んで間もないこともあり、私は新たに犬を飼うのはまだ早いと思っていたからでしょう。

「チャーリー」と名づけられたそのビーグル犬は、良くも悪くも「家族のかすがい」として、家族の団欒には欠かせない存在でした。

チャーリー(彼)の思い出:
・彼がまだ子供のころ、当時付き合っていた彼女に見せようと2人+1匹でドライブしたら、車内でお漏らしをされて大変だった
・彼はしょっちゅう私の部屋に忍び込んでは電気シェーバーを齧るのが好きで、一度かじるとシェーバーの網刃はすぐに使い物にならなくなってしまうため、何度も買い替えを余儀なくされた。その都度彼を叱っていたら、次第に私の部屋に忍び込むことは殆どなくなった
・私が大学を卒業して受験浪人していたころ、家族とキャンプに行った。彼はうれしそうだったし、いい大人が家族でキャンプしているという状況に、何より親がうれしそうだった。
・彼に息子ができて一緒に暮らしていたが、息子は暴れん坊。いろいろと迷惑をかけられていたが、彼は怒るでもなくのっしりと落ち着いていた。
・私が社会人になってスーツを着るようになると、家に帰ったときに玄関で彼に飛びつかれるのがいやで制していたら、飛びつかないようになったがそれでも尻尾を振って喜びを表していた
・ビーグル犬の規格から外れているのではないかと思わせる骨太い大きな体、「むっふー」というため息
・決して怒らず、めったに吼えない犬であった
・私が結婚して実家を出、子供ができてから実家に遊びに行ったときも昔と変わらず玄関で出迎えてくれたこと。
・娘は彼の顔が怖いらしく、彼が近づくとないていたが、それでも意に介さずのっしりと構えていたこと。
・余命1ヶ月の宣告を受けてから実家にあわてて見舞いに行った際も、事前に聞いていた話と違い小康状態であったため、一緒に散歩できたこと。結局そのときに撮った写真が彼との最後の一枚となった

こうして書き散らしている間に涙が出て止まりません。

今朝、久しぶりに夢にばあちゃんが出てきました。ばあちゃんは数年前に大往生したのですが、夢に出てきたばあちゃんはまだ元気なころのばあちゃんで、
私:「ばあちゃん、チャーリーはそっちに行った?」
ばあちゃん:「ああ、本当にきたよ。」
私:(へぇー、人間も犬も死ぬと行く場所は同じなのか。)

で、目が覚めてこの記事を書いているのでした。

スポンサーサイト

尻拭い

今日は他人の尻拭いで終電帰宅。

とあるクライアントに対して3つの部署が類似のサービスを提供しており、
そのそれぞれのコミュニケーションが殆どとられていなかったために、
クライアントの期待ギャップが醸成され、解決しなければならないのに
クライアントの目線に立った施策をとろうとせず、自身の仕事のやり方に
拘泥する、最悪な人でした。

結局、事実上その人が中途半端に行った仕事をクライアントに納品できるレベルまで
仕上げる、という作業をやっていたわけですが・・・

これもまたいい勉強と思えばいい勉強。
人との接し方の勉強になりました。

気づきを与える

昨日は、高校時代からの親友2人と飲んでいました。

昔からよく飲んでいましたが、会話の内容が10年前とちがう!!
お互い妻子もちで、共通する話題も移り行くものです。

そんな中、親友の愚痴を私が聞くという構図に。
(めったにない構図なのですが。)

ここで、この半年間ほど自分が自己啓発目的で読んだ本の内容を交えながら
アドバイスしたところ、思いのほか役に立ったみたいで。

他の人に気づきを与える、それによってまた自分も成長する。

飲み代以上に価値のあった飲み会でした。

ロジカル・シンキング

『ロジカル・シンキング』、読了です。

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
(2001/04)
照屋 華子、岡田 恵子 他

商品詳細を見る


この本はまっキンゼーのエディターとして活躍されている著者の方がその手法を体系化したもので、いろいろな本、雑誌等でお勧めされているのでご存知の方も多いと思います。
今まで「相手に伝える」ことを意識せずにいたため「何を言っているのか分からない」といわれた経験がある方、「相手に伝える」ために悪戦苦闘している方、には即効性があるのではないでしょうか。

エッセンスを本文より引用して以下に紹介すると、

1.「メッセージ」とは、「課題」「答え」「相手に期待する反応」の3点セットである

2.「MECE(みっしー)」(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)とは、ある事柄や概念を、重なりなく、しかも全体として漏れのない部分の集まりで捉えることである。

3.「So What?」とは、手持ちのネタの中から課題に照らしたときに言えることのエキスを抽出する作業であり、「Why So?」とは、So What?したことの妥当性が、手持ちのネタ全体によって証明されることを検証する作業である。

4.論理とは、結論と根拠が結論を頂点に縦方向にはSo What?/Why So?の関係をなし、横方向にはMECEに関係付けられたものである。

5.論理パターンには「並列型」「解説型」があり、目的に応じて組み合わせて使用する。

以上、エッセンスの抽出でした。

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

ねかしつけ

久々の更新です。

何で久々になったかというと、最近息子がパパと一緒でないとなかなか寝てくれず、
寝かしつけているうちにこちらが力尽きてしまう、というパターンが続いたためです。

正直うれしいことはうれしいのですが、これが毎日続くとなると結構ヘビーです。
毎日一時間絵本を読み聞かせる、って言うのも結構大変ですね。

送別会

今日は、この3月で退職する後輩の送別会がありました。

後輩君は、かつて私たちの会社を卒業していった先輩とおなじところで働くそうです。
いろいろと就職活動をしていったけれど最終的にそこに落ち着いたということで、世間は狭いな、とおもいました。
後輩君は今年で35歳、私も今年35歳、そろそろ次のステップを考える時に来ているのかもしれませんね。いろいろ考えさせられました。

はなぢ

昨日は家族で動物公園へ。
中には遊具やミニ電車もあって、結構楽しめました。
公園内は家族連れでにぎわっています。
私は娘・息子と電車に乗った(妻は見物)のですが、乗り方が気に入らなかったのか息子が暴れだし、電車から落ちては大変と私は息子を押さえつけ、結果
大泣きでじたばたする子供を無理やり押さえつけながら電車にまたがる父親
という図柄に。そのまま公園内を一周し、降りてからも息子は大泣き&じたばた。
抱っこして妻のところにつれていこうと、じたばたする息子を抱っこして歩いていたところ、
息子の指が私の鼻の穴に勢い良く突っ込まれ。
鼻血ブー。
ネタを見つけてうれしそうな妻。母親に会って機嫌がなおり無邪気に笑う息子。
鼻を押さえてうずくまってる自分。
なんだかなー

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タートル流投資の魔術

タイトルにも挙げましたが、この本はいろいろな気づきを与えてくれる本でした。
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
(2007/10/17)
カーティス・フェイス

商品詳細を見る


その中から、「認知のゆがみ」という概念について紹介します。「認知のゆがみ」とは、言い換えると「すべての人間が心に持ち、それゆえに繰り返し発現する体系的な不合理さ」です。
この本に例示されている「認知のゆがみ」は以下のとおり。
●損失回避
利益を得るより損失を避けることを優先しようとする傾向
●埋没費用効果
これから支払うことになる費用より、すでに支払ったか、支払うことが決まっている費用のほうを重視する傾向
●処理効果
利益は早く確定し、損失はできるだけ長くしのごうとする傾向
●結果偏向
ある決断の良し悪しを判定するのに、どんな時点でどんな判断を下したかではなく、決断がもたらした結果から判定しようとする傾向
●直近傾向
過去のデータや経験より、最近のデータや経験に重きをおく傾向
●アンカリング(係留)
簡単に手に入る情報に頼りすぎる傾向、あるいはそれに縛られる傾向
●バンドワゴン効果
あるものごとを、大勢が受け入れているという理由で受け入れる傾向
●”少数の法則”信仰
少なすぎる情報から、不適切な結論を導き出す傾向

いずれも、身につまされることばかりです。

かわいい名言

夕べ、娘(4さい)といろはかるたをしました。
娘が読み手で、息子と妻と私がとる、というものです。

娘が手に持った札は「そなえあれば うれいなし」

娘「そなえあれば うれしいな」

ズキュウウンときましたね。

休日出勤

今日は休日出勤をしてまいりました。

私の会社では最近、過重労働防止の観点から休日出勤する場合には事前に申請を出さないといけなくなったのですが、これって過重労働の防止にどれだけ役に立っているのでしょうか?
私の職種では、おそらくこのような事前申請方式にすると、金曜日の夕方には申請用紙であふれかえるなんてことも想定されます。過重労働防止のつもりが余計な仕事を増やしているだけのような気もいたします。

私は申請を出さずに休日出勤してまいりました。

英語の勉強

TOEICを受験したので英語の話を。

最近一般企業でもTOEICの受験を従業員に義務付け、評価の対象にしているケースが多々あると思われます。

その人が日常業務の中でどれだけ英語でのコミュニケーション機会があるかにかかわらず、です。

ただ、資本主義社会で生活している我々にとって、英語というのは一種のインフラであり、整備(=英語のコミュニケーション力を身につける)することによって、自分への投資の受け皿が広がる類のものであると私は思います。

かく言う私も入社したときには「英語ができないのでドメスティックな部署に配属されたい」人だったのですが、やはり悲しいかな、新しい情報は海外から輸入されてくることが殆どですので、英語ができない≒常に二番煎じ、三番煎じの情報にしか触れられない≒圧倒的な強みにはなりえないことに気づいてからは、勉強しようと思うようになりました。

自分が今、英語に接する環境にいるかいないかを問わず、自分へ投資してスキルアップしたいと考えている人にとって、英語は必修なのではないでしょうか。

ちなみにTOEICテストを受験した感触は・・・×××でしたとさ。

正確さのモデル

今日ミーティングをひとつこなしたのですが、話がかみ合わなかった!!

そこで思い出したのが成功の9ステップに取り上げられていた
正確さのモデル
でした。
引用した上で整理すると

1.何々過ぎる。(抜けている比較)⇒何と比較して?
  
2.中身のない名詞。(抜けている物)⇒誰、どれ、何、具体的に?

3.中身のない動詞。(抜けている物作)⇒何が、どのように、具体的に?

4.べき、べからず、しなければならない、してはならない、できない。(抜けている結果)
  ⇒それをしたら・しなかったら、どうなるか?

5.すべて、いつも、皆。(抜けている例外)⇒すべて?いつも?皆?

6.これか、あれか。(抜けている選択肢)
  ⇒ほかの可能性・選択肢は何か、○○は考えられるだろうか。

7.わかりません。(抜けている意見)
  ⇒分かっていたらどうだと思うか。何を想像するだろうか。何を推測するだろうか。どういう可能性があるか?うまくいった場合は?うまくいかなかった場合は?

8.途中で切れた話。(抜けている情報)⇒そして・・・?例えば・・・?しかし・・・?つまり・・・?

これだけだと何のことか分かりませんね。

成功本50冊「勝ち抜け」案内

タイトルにもありますが、『成功本50冊「勝ち抜け」案内』を読了しました。
成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (Kobunsha Paperbacks Business (013))成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (Kobunsha Paperbacks Business (013))
(2008/01/24)
水野 俊哉

商品詳細を見る


著者の方(水野俊哉さん)は自らが成功→挫折を経験しているさまを綴ったあたり、
好感をもてます。

内容は、限りなく要約すると、

いわゆる「成功本」というジャンルの本を50冊程度紹介し、その上で
「目標を定め、自己管理しながら周囲への感謝を忘れずにポジティブに行動し続ける」
という、成功法則を導き出す本

です。

本で紹介されている「成功本」はすでに私が持っている本もいくつかあるのですが、
久しぶりに読み返したり、あるいはまだ接してない本を読んでみようかなという
気にさせられました。

しかし、最近この手の
「特定の本を(本文または巻末付録として)紹介する」体裁の本が
多数あるというのはどういうことなのでしょうね?
出版業界全体として「Win-Winの関係」を築こうとしているのでしょうか・・・

続きを読む »

週末の過ごし方

久しぶりの更新です。

最近、意識して自分の中で家庭の占める割合を増やしているせいか、家族がなつきます。
家庭が安定していれば仕事に精も出るってものです。
また来週、がんばろうっと。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。